組織的な改善措置

研修後・面談後のアンケート、個別報告書、キャリアコンサルティング面談シートなどから実施結果の情報収集を実施。これらを元に、目標達成できたことできなかったことを洗い出し、できなかった事柄について、阻害要因を探り、施策のブラッシュアップ、見直しを行います。

施策実践による効果・成果と課題

面談からわかった傾向や、情報・研修結果から明らかになった事実によって、組織体制・仕事業務の進行法・社内の人間関係などからとるべき「予防策や対策」を提示します。この際、それは個々なのか一部の従業員なのか、組織の風土など無形インフラとして整備が必要か、はたまた、組織のルールや制度として必要なことかなどを明らかにし、次回に向けてのフォローアップへと繋げます。
具体的には、何を目的・目標に、誰がいつどのような方法で、追加の支援を行うのか。そして、その場合「重要性」「緊急性」「効果性」「実施容易性」の4つの視点から優先順位を検討します。

課題との対応〜課題の明確化と対応〜

キャリア形成にはプロセスがあります。下位プロセスが上手くできていないと上位プロセスが十分に機能しません。人財育成ビジョンに向けて、従業員の「経験の振り返り」「自己理解」「仕事理解」をキャリアコンサルティングや研修からしっかりと理解し身につけることで、キャリアビジョンが見えてきます。この下位プロセスを「やらされ感」でなく「自分の仕事人生のため」と従業員が内発的動機によって行動を起こすことで企業の活性化へと繋がります。

厚生労働省は「働き方改革」に関連し、キャリアコンサルティングの導入を薦めています。

人材育成の施策のひとつとしてキャリアコンサルティング制度を取り入れてみませんか?

◆当社のキャリアコンサルティングの特長◆
【実 績】
1000人以上のキャリアコンサルティングを実施している経験豊富なキャリアコンサルタントが、企業様において新入社員の20代からベテラン社員の60代まで幅広い世代のさまざまな業種、職種の方々にキャリアコンサルティングを実施しております。
【3つの専門資格】
国家資格「キャリアコンサルタント」と、その上位資格といえる国家資格「2級キャリアコンサルティング技能士」、厚生労働省がストレスチェックの補助面談者として認定している傾聴のプロ「産業カウンセラー」の3つの資格を保有していますので安心してお話しいただけます。
【ネットで予約や面談も可能】
従業員の方がネットからコンサルティングのご予約をしていただくことも可能ですので、人事・労務の方に日時の調整をしていただくお手間をかけません。
【メンタル面もフォロー】
産業カウンセラーの資格を保有していることもありストレスチェック制度に対応したストレスチェックの実施も行うことができ、心のケアもお任せいただけます。
【1回50分】
キャリアコンサルティングは1回50分ですので、忙しい職務の方にもお時間をとっていただきやすくなっています。会社に言われて仕方なく来訪された方でも、キャリアコンサルティングを受けた後には「やる気がでました」「気付きがありました」「今日ここへ来て本当によかったです」と明るい笑顔になる方も多く、経営者の方からも「顔つきが変わった」と言っていただくことも少なくありません。

契約は企業様に応じて臨機応変に対応しています。毎月一定数の従業員の方々に対してキャリアコンサルティングを実施する顧問契約、都度キャリアコンサルティングをお申し込みいただくスポット契約、ストレスチェックから取り組む、などから提案させていただいております。
まずはお気軽にご相談ください。

ご質問やお申し込みはこちら

お問い合わせ