セルフキャリアドックとは

「セルフ・キャリアドック」とは
企業がその人財育成ビジョン・方針に基づき、キャリアコンサルティング面談と多様なキャリア研修などを組み合わせて、
体系的・定期的に従業員の支援を実施し、従業員の支援を実施し、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する総合的な取り組み、
また、そのための企業内の「仕組み」のこと。

セルフ・キャリアドックの目的と効果

【目 的】 それぞれの企業が抱える人財育成上の方針や課題によって異なる
【効 果】 従業員にとっては、自らのキャリア意識や仕事に対するモチベーションの向上とキャリア充実。 企業にとっては、人財の定着や活性化を通じた組織の活性化
【企業の活動】 定期的にキャリアコンサルティングが実施可能な環境の整備(各企業に応じた形態、導入プロセスでよい)
【導入キャリアコンサルタント等の活動】 単に個別面談に終始するのではない



セルフ・キャリアドックが目指すこと

「個人と組織がWin-Winとなるための機会を提供する」

セルフ・キャリアドックの流れと内容
人財育成ビジョン・方針の明確化
企業を取り巻く環境や、人財が抱える現状を適切に把握し、経営者や管理職による人財育成ビジョンの策定支援と全社員への周知
セルフ・キャリアドック実施計画の策定
時期・対象者、キャリア研修と面談の具体的な内容の決定。 アンケートや面談シートなのツールの整備
セルフ・キャリアドックの実施
対象従業員に向けてのセミナー(説明)実施による、セルフ・キャリアドックの趣旨、目的、スケジュールなどの事前説明。 キャリア研修の実施。キャリアコンサルティング面談を通じた支援
フォローアップ
対象従業員個人ごとの報告書の提示 全体報告書の提示(対象従業員全体のキャリア意識の傾向や組織的な課題と解決方針や解決策、従業員育成作に関する提案) 個々の対象従業員へのフォローアップ(追加面談・上司へのコンサルテーションなど) 定期的なモニタリングによるセルフ・キャリアドックの継続的改善

みらいキャリアだからできること

Copyright 2020 みらいキャリア