メンタル・ハラスメント社外相談室

どんな職場にもトラブル発生の可能性は潜んでおり、働く人たちの悩みはつきないものです。
社外相談窓口の設置・開設により、職場で大ごとにしたくないという気持ちや雇用不安など、職場では話しにくいことを安心してお話しいただけます。
従業員の皆様の体調不良、ストレスやキャリア形成に関する問題、部署での対応等について気軽に相談できる場所としてご利用いただけます。
みらいキャリアでは、面談室の開設、管理者様向けの訪問型相談窓口など、企業規模・ご要望内容にあわせ、みなさまが利用しやすい形でサポートを提供します。
また、相談者が気軽に相談できる環境を提供するたね、時間と場所を考えることなく相談ができるよう、インターネット面談(つながる未来)をご利用頂けます。
さらに、フィーリングの合うカウンセラーをお選びいただけることも特徴です。

ハラスメント社外相談窓口サービスの背景

2007年4月にセクハラ対策が法令化され、企業危機管理としてのハラスメント対策の必要性が高まっています。
ハラスメント社外相談窓口サービスはセクハラ、パワハラ、アカハラと呼ばれるハラスメント問題に関する相談や苦情を当社が社外相談窓口として受け付け、柔軟で適切な対応を行います。

【ハラスメント社外相談窓口】相談の流れ
ハラスメント相談シート送信
ハラスメント相談シートに記入していただき専用メールにて添付。 (パスワード付き)
面談
事実確認の面談
加害者と思われる人との面談
事実確認と解決に向けての面談
企業への報告
【問題解決】 ・相談対応履歴を記入し報告します(氏名は記載しません) 【未解決】 ・ハラスメント相談窓口では解決困難かつ緊急を要する判断した場合 相談者に同意を得ることなく、当事者氏名を公表し、会社に報告いたします。

サービス内容

1) 企業外の相談室開設


2) メンタル不調者のフォロー・カウンセリング


3) 職場復帰のコーディネイト的カウンセリング


4) 昇進・異動・退職・新入社員のフォロー・カウンセリング


5) 人間関係(ハラスメント)や職業など個人の悩みに対するカウンセリング
6) 

災害のメンタルケア


7) 家族の相談


8) 産業医による面接・助言・指導

【メンタル社外相談室】【ハラスメント社外相談室】開設の流れ
1.お問い合わせ
まずは、お気軽にご相談ください
2.ヒアリング
経営者や人事ご担当者の方から現状をお聞きし、方針を決定します
3.現状に応じて社外相談室・ハラスメント相談室を開設
従業員の皆様に【社外相談室】【ハラスメント相談室】の必要性や会社の方針の発表。周知を促します。(全体研修を1回実施) また、1事業所50名以下であってもストレスチェックを実施します。
【メンタル社外相談室】相談の流れ
面談希望を電話(メール)連絡
相談者が面談の希望をメールか電話にて連絡
インターネットor直接面談
相談者の希望に応じて選択。インターネットの場合は企業コードにてアクセス
面談後の報告書提出(月末)
相談者の氏名・内容は相談者の了承が得た場合のみ開示。 相談内容の大項目を報告

フォームは無事送信されました。

{{data.title}}
{{data.subtitle}}
{{row.label1}} *
       
{{ row.answer }}

Copyright 2020 みらいキャリア